たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2009年06月30日

アンダー・ア・ペイル・グレイ・スカイ

ヴェノム、スレイヤーの直系から始まり、
民族的グルーヴを取り込むことで自己を確立。

混沌の時代を突き進んだブラジルの異端、セパルトゥラ。
1996年のライヴです。
アルバム 『ルーツ』 発表のころのものですね。


収録曲は
『ルーツ・ブラッディ・ルーツ』、
『テリトリー』、『アティテュード』、
『ビニース・ザ・リメインズ』、『アライズ』、
『スレイヴ・ニュー・ワールド』、『カイオヴァス』、
『レフューズ・レジスト』、『ラタマハタ』・・・・


初期のころから当時最新のものまで幅広く選曲されており、
ベスト的な意味も持っているといえます。

とはいえ手数の多さが凄まじい上に、
ほとんどの曲が原曲より速く演奏されているので、
原曲を知らないと何をやっているのかすらわからない。


『セパルトゥラのライヴ聴いた?』
『聴いた聴いた。
ギターがガーって聴こえて、
ドラムがドコドコ聴こえて、
ヴォーカルがゴーって聴こえるよね。』
という感想だけになるでしょう。

誤解を恐れずにいうと、
このテのバンドのライヴ盤は概ねそんな感じです。
原曲を聴き込み、覚えておかないと、
ライヴバージョンではここを変えて来てるな!とか、
おおっ、ここでメドレー形式でこの曲を!
というのが楽しめないんですね。
つまりバンドを愛してからでないと、楽しみ切れない。
これは勿体ないことです。


ですのでここは一発、
みんなでセパルトゥラを愛しましょう。




  • Posted by グレイトさん at 08:11│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    アンダー・ア・ペイル・グレイ・スカイ
      コメント(0)