たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2009年01月28日

TーREX

デヴィット・ボウイ、ロキシー・ミュージック、モット・ザ・フープル、
ホークウィンド、ニューヨーク・ドールズ、アリス・クーパー・・・

『グラム』といわれたアーティストはたくさんいますが、
音楽性の統一感はまるでといっていいほどありません。

余談ですが、かのガンズ・アンド・ローゼズも初期にグラム時代がありまでしたね。

そんな群雄割拠のグラム・ロック・アーティストの中で
突出してカリスマだったのがこの『TーREX』でしょう。

デヴィット・ボウイがマーク・ボランに捧げた曲、
『レディ・スターダスト』の中で歌う言葉を引用すると、
『動物的な美しさ』。
そのフレーズが最も端的に、いかに魅惑のアーティストであるかを表しています。


そのカリスマが歌う毒気のあるハスキーな声と、
引きずるような力のあるロックンロール。
ボラン・ブギーというやつです。

有名曲『20センチェリー・ボーイ』はもちろん、
『テレグラム・サム』『メタル・グルー』などヒット曲は豊富にありますが、
それ以前に存在そのものが『芸術』なわけで。

自ら予言していた通りに29歳で生涯に幕を閉じるなんて、
エンターテイメントとして出来すぎていませんか。

神様が、傍においておきたかったのでしょう。
  

  • Posted by グレイトさん at 09:20Comments(0)