たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2011年02月21日

ア・サウザンド・サンズ

パッと聴いてすぐに感じられるでしょう。

通算4枚めのオリジナルアルバムで、
リンキン・パークは別の次元へ。

BGMのように自然と耳に入りやすくも緊張感があり、
メロディを重視しつつ、激しさも忘れず聴き応えがある。

初期にみられるようなゴリゴリ感は息を潜めていながら、
必要な部分では徹底的にエッジを立てる。

引くべき所でしっかり引いているからこそ、
アグレッシヴに転じたときの衝撃も凄い。

見事、の一言です。


歌ものになった、といえるこの音楽的な変遷は、
変態ゴッタ煮ロックと言われるところから、
圧倒的なミュージシャンシップで音楽性を高めて世界を席巻し、
近代最強のロックバンドとして君臨している
レッド・ホット・チリ・ペッパーズや、

耳に直接入ってくる音では様々な変化をしつつも、
芯となる部分は一切ブレることなく時代を凌駕したU2、

スラッシュメタルの元祖でありながら、
確信犯的にスピードを落として支持層を圧倒的に拡大し、
シンフォニーとの共演などの前衛的な試みまで飲み込んで
まさしく重鎮モンスターバンドとなったメタリカなど、

いわゆる「大御所」と似た流れを感じます。


ドラムはこれまで以上にパーカッシブになり、
原始的なリズムで体を揺さぶりにかかる。

東洋の旋律を吸収した鍵盤は、妖艶さも併せ持つ幻想的な響き。
切っ先鋭い弦楽器は、音が少ないからこそより耳に残る。

唯一無二の慟哭のヴォーカルは
緩急をくり返すがゆえに聞き手に安息を与えず、
更なる緊張感で追い討ちをかける。

バンドとしての総合力で、アルバムの世界に引きずり込む
最高のパフォーマンス。


褒めすぎですか?

いや、楽曲のクオリティが物語っていますよ。

ねえ。

「本物だ」 と。


  

  • Posted by グレイトさん at 23:10Comments(0)

    2011年02月16日

    バトル・オブ・ロサンゼルス

    このバンドは、いつまでも挑んでいる。

    弱者の視点で強いメッセージを放ち、
    病める世界の背筋を伸ばそうと問題提起し続けている。


    レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの3枚め、
    「バトル・オブ・ロサンゼルス」


    真剣に生きれば生きるほど、
    自分と世間との壁は高くなり、妥協は許されなくなり、
    苦しみ、悩み、無力を感じるのはいつの時代も同じ。

    その現実から目を背けずに、
    立ち上がり、真っ向から闘い続ける。


    単純にミュージシャンとして見たら
    メタルとラップを高次元で融合させた成功例であり、
    アメリカを代表するモダン・ロックの旗手であり、
    世界レベルで見てラウド系の決定版であり、
    音楽界の異端であると同時にカリスマであるが、
    それらの評価は、バンドの一つの要素に過ぎない。


    もっと根本的な、揺るぎない芯の部分がある。

    本物の息遣いが聞こえる。

    だから、いつまでも挑んでいる。



    どこかで始めなければならない
    いつかは始めなければならない
    ここ以上にいい場所があるものか
    今以上にいいタイミングがあるものか
    どうあがいてももう俺達は止められないんだ

    聞け、ゲリラ・ラジオ
    ボリュームを上げろ


      

  • Posted by グレイトさん at 01:43Comments(0)