たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年04月07日

癒し系の代名詞

癒しのゴッドマザー、
説明不要の『エンヤ』です。

過剰なほどのレコーディングでアイルランドの大自然を音に変換。
緻密なエフェクト効果と溢れんばかりのメロディですよ。

今となっては当たり前に聴こえるのですが、考えてみるとこの音はかなり独特。

それがなんで当たり前に聴こえるのかというとコレはもはや『エンヤ』というジャンルを確立しているからですよね。

歌詞にも独特の世界観が反映されていて、難解なようでシンプル。
しかしシンプルなようで難解。
カッコ良く言うと、現実と空想の間を浮遊するような・・・そんな感じです。

緻密な作りでスケールが大きい、要は素晴らしい内容なんですよね。

世の中に『いつ、誰が聴いても心地よい』という音楽はなかなかありませんが、
エンヤはかなりソレに近いように思います。
実際に私は、朝も昼も夜もエンヤを聴き倒した時期がありましたし、
(ソレもどうかと思いますが)

『自分、エンヤ嫌いッス』という人にはお目にかかったことがございません。


このアルバム『ケルツ』は初期のアルバムですが、昔っから完成度はハンパじゃないです。

『エンヤのアルバムにハズレなし』は世界の標準語といっても過言ではありません。

どんなにヘビメタが好きだろうと、
スキンヘッドが好きだろうと、
革ジャンが好きだろうと、
人間としての琴線さえ備わっていれば、無条件でエンヤに癒されることは間違いないです。

  

  • Posted by グレイトさん at 13:17Comments(2)