たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2009年03月25日

NINライヴ

インダストリアル・ロックの寵児、
トレント・レズナー。
そのトレント・レズナーの別名ともいえる、
ナイン・インチ・ネイルズによる2002年のライヴ
『アンド・オール・ザット・クッド・ハヴ・ビーン』です。


名作揃いのスタジオアルバムでは、計算し尽くされた
緻密な仕事で静と動のコントラストを演出し、
爆発したかのような錯覚を起こさせるこのバンド。
はたしてライヴでは、いかにその爆発力を
再現しているのかと思いきや・・・

ここで聴けるのは、その爆発力をはるかに凌ぐ破壊力。

インダストリアル云々、表現の手法云々ではなく、
ひたすら肉体的でダイレクトな、ヘヴィ・ロックです。

ヘヴィ・メタルのデジタル化を行った、まさしく張本人が、
『激しい曲を激しく演奏する』
という最高のパフォーマンス。

テクノロジーに支配されることなく、そのテクノロジーを
飲み込むことで人間の身体の限界を超えたようなエネルギー。
ポップでヘヴィでジャンクで整合感があるという、
比類なき衝撃です。

正直、コレは度肝を抜かれます。


いきなり始まる1曲目『テリブル・ライ』からぶっ飛び、
ディスコのようにリズムが渦巻く2曲目『シン』が炸裂。
3曲目にヒット曲『マーチ・オブ・ザ・ピッグス』がきたら
それだけで完全にノックアウト。
凄まじい流れですね。

スローな曲、ピアノ曲などを織り交ぜながら
7曲目『ゲイヴ・アップ』、
10曲目『ウィッシュ』、
13曲目『ヘッド・ライク・ア・ホール』
15曲目『スターファッカーズ・インク』など
要所に爆裂チェーンを配置する構成は、
弄ばれてヘトヘトにされる快感です。
これもまた、計算し尽くされた構成の妙。

トレント・レズナー。
まさしく鬼才。


  

  • Posted by グレイトさん at 08:18Comments(0)